白んだ空、胸は明かず

Twitter:@siramune

「ACE COMBAT 7」のPVにみた、「三本線=ピクシー説」

今日、エースコンバット7の発売日が発表された。

なんと、2019年1月17日発売!!!

発売決定おめでとうございます!

そして、ありがとうございます!

 

早速だが、本題に入りたい。

そのため、エースコンバット7の舞台について軽く説明する。

今回の舞台は2019年、オーシアvsエルジアの戦争(第二次大陸戦争/灯台戦争)。

プレイヤーは、オーシア国防空軍に所属し、空を翔ることとなる。

そして、今作で注目を集めているのは「三本線」と呼ばれる機体。そして、その機体の老齢のパイロット。

f:id:siramune:20180821182832p:plain↑これが三本線の機体(Su-30)

 

第一印象は、「どこかで見たことがあるようなカラーリングだ」だった。

すぐに思い当たった。

「ピクシー(ラリー・フォルク)に似ている……!」

 

というわけで今回はこの直感を頼りに、「三本線=ピクシー説」について書こうと思う。

(と言っても、公開されている情報が少ないため、上手く纏まらない気はするが…汗)

 

根拠1.機体のカラーリング

三本線のカラーリングを見て、ピクシーを思い出したのは私だけではないだろう。

翼に映える朱。

エースコンバット0をプレイした者なら、ピクシーを思い出すに違いない。

しかし、三本線の赤は両翼にある。

ここで思い出してみよう…エースコンバット0の主人公のカラーリングを。

f:id:siramune:20180821183425j:plain

これが、0の主人公(サイファー)の機体(F-15)のカラーリングだ。

カラーが両翼に描いてある。

ピクシーには相棒、天敵がいた。

それがサイファーだ。

そして、ピクシーはサイファーのことが大好きだった。

ピクシーがサイファーに憧れ、カラーリングを真似た可能性は否定できない。

片羽の妖精が、両翼で戻ってきたとなればかなり熱い。

(下の画像は三本線の機体)

f:id:siramune:20180821183721p:plain

 

根拠2.老齢のパイロット(三本線)の思想

まず、ピクシーの思想をおさらしよう。

ピクシーは、空から地上を見て、地球表面上には国境がないことを実感していた。

そのため、「国境」という概念について疑問・関心を寄せていた。

それが以下のような言葉として表されている。

 

f:id:siramune:20180821184121p:plain

「どの国も大して変わらん」という言葉。

そして、本日発表されたエースコンバット7のPVにて明らかになった三本線の言葉が以下のようなものだ。

f:id:siramune:20180821184253j:plain

「だが 国とはなんだ」

この言葉から、三本線は「国」というものについて疑問・関心を寄せていることは明らかだろう。

似ている…。

ピクシーの思想に似ている…。

 

根拠3.時代設定

今回の舞台は、2019年。

エースコンバット0の舞台であった1995年(ベルカ戦争)から、24年後である。

そして、7はンバリングタイトルであるから、7は0と地続きの世界である。

ピクシーは1995年時で28歳。

存命であれば、2019年には52歳である。

三本線の年齢は不明だが、52歳と言われたら納得できる容姿である。

(三本線とピクシーの画像を並べてみた。主観的だが、どことなく似ている気がする…?)

f:id:siramune:20180821184253j:plain

f:id:siramune:20180821185021j:plain

 

根拠 4.三本線の過去

エースコンバット7のPVからは、三本線がかつて名を馳せたパイロットであることがうかがえる。

f:id:siramune:20180821185530p:plain

このセリフの「あの機体」は三本線であるように思える。

ピクシーはベルカ戦争時、「片羽の妖精」として名を馳せていた。

このセリフの語り手は若い女性だったが、「おじい様」が現役の頃の時代はベルカ戦争の頃だったのではないだろうか…?

 

(根拠5.三本線(?)のセリフ)

この根拠にはあまり自信がないので括弧つきとしました。

というのも、セリフが三本線のものかどうか怪しいっていうこと。

加えて、セリフの対象者が誰なのか判別できないことが、その理由だ。

その肝心のセリフがこれ。

f:id:siramune:20180821191146p:plain

「いつの時代もこういうパイロットがいる」

たしかに、年老いた男性の声であることは明らか。

しかし、本当に三本線かどうかは分からない。

「こういうパイロット」が三本線のことなのか、それともプレイヤーなのか…。

そして、このセリフを聞いたときに思い出したセリフがこれ。

 

f:id:siramune:20180821192505p:plain

 エースコンバット0に登場した、「グリューン隊」隊長のベルンハルト・シュミットのセリフ。

シュミットは、戦場に出現した「特異体(圧倒的強者/サイファー)」についてこう語っている。

サイファーを間近で見ていたピクシーも同じように感じ、「戦いの申し子」とまで呼んだ。

もしも、7の三本線がピクシーであったならば、7の主人公に対しサイファーの面影を感じ取り、「こういうパイロット」と形容した可能性が浮上する。

 

 

以上が、私の考えた「三本線=ピクシー説」だ。

本当にこの通りであれば、めちゃくちゃ興奮する。

(私がピクシーのこと大好きだから。)

 

そうでなくても、

エースコンバット7の美麗な空に美しい機体、新たな戦場に心が躍る!

 

エースコンバット7の発売が待ち遠しい…。